ふるさと納税で自治体をサポート|特産品が受け取れます

ウーマン

寄付をするメリット

食事

テレビや雑誌などで、ふるさと納税という言葉を耳にしたことがあるでしょう。税金を納めるというイメージがあるため、ふるさと納税をする人は少ないはずですが、仕組みを知るとふるさと納税をしようという気持ちが大きくなるはずです。まず、ふるさと納税とは簡単にいえば、国内にある様々な自治体にお金を寄付する活動のことを指します。ふるさと納税と聞くと自分の出身地にお金を納めなければならないと考える人も多いでしょう。しかし、寄付をする自治体は自分で自由に選択することが出来るので、特に難しく考える必要はありません。また、ふるさと納税をするとお金を寄付した自治体から特産品などを受け取ることが出来るため、この特産品によって寄付をする自治体を選んでも良いでしょう。

ふるさと納税をすると、特産品が受け取れる以外にもメリットがあります。それが節税です。実は、ふるさと納税としてお金を納めた場合、2,000円を超えた分の費用が控除対象になります。例えば、1年間で10,000円のお金を寄付すると、8,000円が控除されることになりますし、50,000円であれば48,000円分の控除が受けられます。ふるさと納税で控除対象になる金額の上限は寄付金の額によって異なるのですが、普通に使うよりも税金を少なくすることが出来るので非常に便利な制度となっています。また、最近では自分の収入額からふるさと納税に回せる分のお金を計算できるツールなどもあるため、初めてふるさと納税をするという場合は事前にシミュレーションをしてみると良いでしょう。