ふるさと納税で自治体をサポート|特産品が受け取れます

ウーマン

便利な制度

お肉

ニュースなどで税金の無駄使いが報道されると、自分の働いたお金がしっかり使われていないことが分かってしまうため、将来に対して強い不安を感じてしまいます。税金を納めることは国民の義務であるため、仕方のないことなのですが、ふるさと納税であれば自分で税金の使い道を選ぶことが出来ます。ふるさと納税では、自分の出身地ではなく好きな自治体を選んで寄付をすることが出来るので、普通にお金を消費するよりも得をする可能性が高くなります。また、ふるさと納税で災害が起こった自治体や環境保全に取り組んでいる自治体に寄付をすれば、自分のお金を有効活用することが出来るため、社会の役に立っているという達成感も得られます。

ふるさと納税では、自治体を複数選択することが出来ます。もちろん1つでも良いのですが、複数の自治体に寄付をするとそれだけ税金控除が受けられるので、節税にも繋がります。また、ふるさと納税で税金の控除を受ける際は確定申告をしなければならないのですが、最近では多くの人が手軽にふるさと納税を利用できるように、特例制度が設けられています。これは、5つの自治体までであれば特に確定申告をしなくても良いという制度で、納税作業が今まで以上に楽になります。しかし、この特例制度は会社員などに適用されるため、自営業や高所得者といった、基本的に確定申告の必要がある人は利用できないので気を付けましょう。また、自治体ごとに必要な書類が異なるので、ふるさと納税で節税をするつもりなら、このような制度について事前に確認しておくべきです。